(有)田野辺運送店オフィシャルサイト

会社沿革

会社の沿革~創業以来の歴史です

昭和2年(1927)5月1日創業
初代 田野辺隆三

初代 田野辺隆三

初代・田野辺隆三が芳賀町稲毛田において個人経営で運送業を始めました。1トン積みの小さなトラック一台(ダットサン)からのスタート。農産物など地域の貨物を一生懸命運ばせていただきました。
隆三の教えが、「職業に貴賎なし」「運送で社会の一隅を照らす」です。

初代 田野辺隆三

芳賀町祖母井の最初の本社
中にいるのが隆三

初代 田野辺隆三

芳賀町芳志戸からの梨の出荷風景
当時は竹の籠に梨を詰めて運びました

戦時中:国家の政策により宇都宮地域の複数の運送会社10数社と企業合同
国民も弊社も苦難の時代でした。
学生時代の充男

写真は学生時代の充男

隆三の長男充男は宇都宮に下宿して宇都宮市商業学校(現在の県立宇都宮商業高校)に通っていました。
そして昭和20年7月、宇都宮大空襲にあい焼け出されました。故郷の芳賀町に向け歩いて逃げている途中で、探しに来た父のトラックに出会い、「よく生きて帰った」と、お互い泣いて喜んだということです。

そしてようやく平和な時代となりました。
昭和24年充男

昭和24年充男が宇都宮市商業学校を卒業し隆三とともに家業に従事。終戦まもない苦しい時代を二人でなんとか乗り越えていきました。

当時は木炭車の時代

当時は木炭車の時代。経済発展もまだ十分ではなく運送の仕事も少ない状態でした。仕事を求めて、馬力の無い車で会津の山奥に出稼ぎに通い、材木を運びました。
充男は、「今に見ておれ、俺だって!」との思いで、暮らしの安定を求めて懸命に働きました。
日本には、物はなくても希望がありました。

昭和32年6月1日合同会社が解散し再び独立
しかし経営の苦しさは続きました。
昭和34年1月隆三が脳内出血により58歳で突然の死去
初代隆三の葬儀

田野辺充男が若くして後を継ぎましたが、お通夜の席で借金の催促もあるなど厳しい状況でした。

初代隆三の葬儀 二代充男は前列右から二人目
充男は当時26歳。7人兄弟の4番目の長男として、嫁入り前の妹もいる一家を大黒柱として担うことになりました。

昭和36年5月1日有限会社田野辺運送店を設立

田野辺充男、代表取締役に就任。従業員2名のスタートでした。
その後、復興とともに農産物の輸送も増えました。特に清原地区などのトマトは東京市場で評価が高く、弊社の車も東京へと通いました。

移転した2軒目の祖母井本社(昭和36年)

移転した2軒目の祖母井本社(昭和36年)

オート三輪で集荷しトラックに積み替えて東京に運びました

オート三輪で集荷しトラックに積み替えて東京に運びました

昭和42年1月宇都宮市氷室町に営業所を開設
同年4月、田野辺充男芳賀町町議会議員になる
昭和40年代前半の氷室営業所と従業員
昭和40年代前半の氷室営業所と従業員

昭和40年代前半の氷室営業所と従業員

戦後の経済成長とともに仕事もだんだんと増え、従業員は20数名となりました
当時は米俵など荷物を積むのは手積みの人力だより。社長と従業員みんなが汗をかき、「完全輸送」をモットーに丁寧に荷物を積ませていただきました

昭和45年祖母井本社を建て替え
昭和45年祖母井本社を建て替え

本社の前はまだ舗装してなくて雨のときには大変でした。

昭和46年氷室営業所新社屋落成
昭和46年氷室営業所新社屋落成

同年 充男、県議会議員に当選、以後5期務める。

昭和48年(1973)第一次オイルショック

原油価格の高騰による燃料費の値上がりは運送会社にとって死活問題となりましたが、苦難の時代も従業員一丸となって乗り切ることができました。

従業員野球チーム(昭和49年撮影)

従業員野球チーム(昭和49年撮影)

昭和48年(1973)第一次オイルショック
昭和54年 第二次オイルショック
平成元年(1989)営業所を芳賀町芳賀台の芳賀工業団地内に新築し移転

同年 田野辺充男、栃木県議会議長に就任

本社社屋を建て替え

平成3年田野辺充男、芳賀町長に就任。以後2期務めました。
「親切・創造・努力」を掲げて職員を指導し町政にあたりました。

この3つの標語は田野辺運送店のもうひとつの社訓です。
「親切」とは、丁寧なだけではなく町民(顧客)の要望をしっかり聞くこと
「創造」とは、指示に従うだけではなく自ら発案・工夫すること
「努力」とは、自分の能力を最大限に発揮させること

平成8年(1996)本社社屋を建て替え
本社社屋を建て替え
その後の平成の時代には、倉庫も順次拡張整備し、顧客の利便性を高めました。リーマンショックなど厳しい波が押し寄せましたが、何とか運送業を続けていくことができました
当時の芳賀工業団地営業所倉庫

当時の芳賀工業団地営業所倉庫

倉庫整備に尽力した田野辺昭夫常務

倉庫整備に尽力した田野辺昭夫常務

平成29年(2017)12月1日 田野辺隆男 三代目社長に就任

先々代、先代の教えを受け継ぎ、田野辺運送店は100年企業を目指します。
何卒よろしくお願い申し上げます

(有)田野辺運送店
(有)田野辺運送店
(有)田野辺運送店